借金などのトラブルを抱える人が増える中で、過払い金を取り戻せることをアピールするテレビコマーシャルが頻繁に放送されています。
主に、法律事務所や司法書士事務所のコマーシャルが多いですが、最近、行政書士事務所が同様のサービスを提供するケースが増えてきました。
法的な知識を何も有していない素人が、海千山千の金融業者に一人で立ち向かっていったとしても、まともに相手にしてもらうことができません。
やはり、法律の専門家のサポートを受けながら交渉を進めるようにするのが得策です。
この返還請求権は10年で消滅時効にかかることになっていますので、あまり時間的な余裕が残されていません。
急いで請求手続きを取るようにしないと、お金を返してもらう権利を失ってしまう可能性があるのです。
そのため、このサポート業務を取り扱う専門家が今後一時的に急増すると考えられています。

依頼の内容

一口に法律の専門家と言っても、どのような資格を有しているかによって、取り扱うことができる業務内容が変わってきます。
相談内容に関わらず幅広い対応が可能になっているのは弁護士です。
弁護士は法律に関するトラブルであればほとんど制限を受けることなく取り扱えるようになっています。
ですので、単なる相談や書面の作成はもちろんのこと、金融業者との交渉や訴訟の代理人になってもらうことも可能です。
法律事務所は数多く存在しているので、気軽に相談を持ちかけることができます。
一方、司法書士や行政書士は、弁護士よりもはるかに取り扱える業務の内容が狭くなっていますので、注意する必要があります。
特に、書類の作成代行が本業である行政書士には依頼者の代理人になる権限が認められていませんので、サービスを利用する際には気をつけなくてはなりません。

弁護士に依頼

過払い金の相談を弁護士にしたいと思っても、手持ちのお金がないために相談することを諦めてしまっている人が少なくありません。
しかし、借金問題の場合は相談料を無料としている法律事務所がたくさんあります。
また、最初に手付金を取らないシステムになっているところも多いので、まずは電話で問い合せしてみるとよいでしょう。
ですが、最終的には弁護士費用を支払う必要が生じるではないかと不安に思う人が多いです。
でも、ほとんどの弁護士が回収できた過払い金の中から手数料を受け取るシステムにしていますので、今お金を持っていないからと言って諦めてしまう必要はありません。
また、法テラスの法律扶助制度を利用すれば、弁護士費用を立て替えてもらうことができます。

オススメリンク

法律事務所で安心

従ってある程度長期間借入れを続けていた場合や、借入れ金額が大きかった場合には、最初から法律事務所に相談すると良いでしょう。
最近は法人化するなど大手事務所も増えています。
もちろん司法書士事務所の方が、比較的費用が安く…Read more

請求の理由

一昔前のサラ金地獄という言葉もだんだん聞かれなくなり、今は闇金という言葉に取って代わっているようです。
両者は必ずしも同じものではありません。
そして借金の整理や過払い請求という場合、多くはこの一昔前の方に関わってくる…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031